TOPIMG
とくちょうlink
定期的に「テクニカルミーティング」を行う
『自ら実行する力』を養う為に、トッププレイヤーの映像を観て良いイメージを持ちトレーニングに臨みます。また、自らの意思を体現できるように、サポートします。
経験豊富な指導者による生徒の能力にあったトレーニング
指導歴15年を超える、経験豊富なコーチ陣による、お子様の能力、体力に応じたトレーニングメニューで、生徒個々の可能性を最大限に引き延ばします。
理念・育成方針
スポーツを通して「自立した人間形成を目標に」

大人の時間(タイミング)で考えると、 「もっとこうしたらいいのに」、「早く成長して良くなってもらいたい」 と考えてしまいがちでありますが、子供1人ひとりの変化を見逃さず、それぞれの子どもの個性(成長・気持ち) を考えることを第一にしています。

又、スタッフ一同は サッカー&フットサルを通じて考える力を身につけ、社会に大事な積極性や協調性を持った選手(人)になれるように、 全力でサポートします。


ボヘミアフットボールアカデミーの育成方針

1.サッカー(体を動かすこと)の楽しさを伝えます。

2.子どもたちのやる気やる気・可能性を引き出すサポートをします。

3.サッカーを通し「思いやりの心」・「あきらめない心」を育てます。

4.自ら考え判断して解決できるように指導します。

5.できないことは責めず、できるようになったことを認めて誉めます。

6.自分に関わる全ての人へ感謝の気持ちを育てます。

7.挨拶・礼儀・スポーツマンシップを育てます。

8.「子どもの時間(タイミング)」で考えることを、第1にします。


これからの子どもたちに大事なこと

最近の子どもたちを見ると、なにか「教えてもらう」という受動的な姿勢が目立ち、 元気のない子、自分の考えを表現出来ない子が多いように見受けられます。 当クラブは、「自発的に行動できるようになってもらいたい」という思いの元、 ​「自分が上手くなりたいから、人より練習する。」 「勝ちたいから、声を声を出し、全力でプレーをする。」 ​という自発的な選手(人)の育成を目指します。

​ ​サッカーを「やらせる」のではなく、子ども自身が「やりたい」と思えるサッカーの本質(遊びの楽しさ)を伝えられるように、最大限、努力していきたいと思っております。



BohemiaFA 代表 濱田 健太郎

イメージ1

イメージ2

イメージ3

イメージ4

イメージ5

お問合せ お問合せページへ